住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

不動産は資産価値のある魅力あるもの

不動産には、自分が住むための住宅用と、投資を目的とした収益物件というものが大きく分けてあると思います。通常であれば、不動産の取得を考えたときには、住宅を思い浮かべると思います。しかし、最近は投資を考える方も増えてきていて、いろいろなところでその方法や成功者の話が紹介されています。単に不動産と言っても、いろいろとありますね。
不動産を取得するときの順序として、収益物件を先にてに入れて、その後に住宅を持つという考え方があります。それは、銀行から融資を受けるときには、その人の信用というものが大切になります。その信用には限界があり、良く収入の何倍という話を聞きますね。住宅を先に購入してしまうと、その住宅ローンがなくなるまでは、その信用を担保にさらにお金を借りると言うことはできなくなってしまいます。しかし、収益物件の場合には、最初はその人の信用というものが大切になりますが、その後は収益物件というのは資産として認められます。資産を持っている方には銀行はさらに融資をしてくれるという仕組みがあります。そうすると、収益物件からでた利益で住宅ローンの返済を行うと言うことも可能になるかもしれません。不動産というのは非常に奥の深い魅力がありますね。

Comments are closed.