住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

住宅ローンの選び方と付き合い方

自分が住宅ローンを組んでもう何だかんだで4年ほど経ちます。
家はいわゆる建売の一戸建てでした。
立地が気に入って即決したのはいいですが、住宅ローンを組むのに沢山の銀行の営業マンと話をしました。
当時はまだリーマンショック前だったので比較的審査は緩く、なんと頭金なしで全額融資も当たり前って感じでした。
確かどこかの銀行には手数料(結構100万円単位でかかる)分まで貸してくれるサービスもありましたね。
私が重視したポイントは①金利②固定期間③繰上返済の手数料の3点です。
なかには営業マンとか店舗へのアクセスなんかを考える方もいらっしゃるようですが、住宅ローンは一度契約したら滅多なことでは店舗に行かないし営業マンに会うこともないので個人的には考えませんでした。
金利は実際は殆ど横並びでしたが、35年ローンに固定金利があるかどうかは結構差が出ました。
みずほは当時固定は最長20年で、SMBCにはありましたね。
今は金利が劇的に低いので変動の方が得なんでしょうが、自分は計画性重視でちょっと高めの35年固定にしました。
後はWEBで手数料無料で繰上返済できるのが魅力だったSMBCに決定して今に至ります。
ドカンとは出来ませんが、月に1万円でも繰上返済すると、少しずつでも月の返済額が減るので何気に嬉しいです。
何とか早いこと返し切れたらいいなぃ今年の春、念願のマイホームを購入し、住宅ローンを組みました。
35年ローンです。
マイホームを購入するには、少し早い年齢だとも言われましたが、賃貸マンションでは、毎月毎月結構な額のお家賃を払っても、決して自分の財産にはなりません。
なので、自分たちの財産となるものが欲しいと、マイホームの購入に踏み切りました。
住宅ローンを組む際に決めていたのは、毎月の支払額が、住んでいた賃貸マンションの家賃と同程度で組む事でした。
そうすれば、毎月の出費はこれまでと変わりませんから、生活が急に苦しくなったりせずに済むと考えたからです。
いくつか借りる銀行の候補があったのですが、結局はハウスメーカーの営業さんがオススメするところから借りる事に落ち着きました。
銀行に出向いたりする必要もなく、必要書類の提出だけで審査が完了したので、とっても簡単でした。
頭金を支払ったので、我が家の貯金額はだいぶ減ってしまいましたが、家計のやりくりはこれまでとなんら変わりません。
マイホームでの生活は大変楽しくとっても快適です。
思い切って住宅ローンを組んでよかったと思います。
あとは、住宅ローンの繰上げ返済ができるように、貯金をがんばりたいと思います。

Comments are closed.