住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

住宅情報は不動産屋で得る

住宅情報を探す時に自分で探す人もいると思いますが、基本的には不動産屋に探してもらうほうが良いと思います。
というのも、不動産屋に探してもらう事によってより多くの情報を得る事ができるからです。
インターネットで自分で探して現地へ行って見るというのも良いと思いますが、情報の量を考えれば不動産屋に行くほうが多いという事は言えるでしょう。
ですから、不動産屋へ行っていろいろなものを探してもらうほうが良いのではないでしょうか。
不動産探しは不動産屋探しと言われる事もあります。
どういう事かというと、良い不動産屋にめぐり合う事ができれば良い不動産にも出合えるという事なのです。
それくらい不動産屋というものは重要な存在であると言えるでしょう。
例えば住宅を購入するときにはいろいろな交渉をすると思います。
この交渉は売主に対して直接するのではなくて、不動産屋が代わってしてくれるでしょう。
また、賃貸の場合にも家賃を値下げしたり礼金を値下げしたりと交渉をする事がありますが、実際に大家さんと交渉するのは負度運や名のです。
このような事を考えて行けば、不動産を探すときには不動産屋という存在は非常に重要な存在だと言っても言い過ぎではないのです。
住宅情報はしっかりと集めた方がいいと思います。
その際は、自分がどんなところに住みたいのかイメージをはっきりさせるのが大切かもしれません。
私の場合は、一軒家ではなくて、マンションの住宅情報をあつめました。
そして結局情報をちゃんと集めて、マンションに選んでいて良かったなぁと思うことはたくさんあります。
まず一つ目に挙げられるのが、常に住む場所がキレイということでしょうか。
管理費として徴収されている分、いつもきれいにしてくれているんです。
例えば玄関の外。
掃除をする人がいますから、常にピカピカです。
更に、庭。
庭の木が伸びてくると、業者さんが来て勝手に切ってくれます。
さらに定期的に排水溝やガスをチェックして下さいますし、外装もすこし汚くなったと思ったらペンキの塗り直しをしてくれます。
ロビーは綺麗な明かりがともっていますし、とにかくマンション暮らしは簡単に綺麗で清潔な生活を提供してもらえるんですね。
それが、とっても私にとっては魅力です。
これは、マンション暮らしの特権ではないでしょうか。
自分の家であれば、掃除をしてもらいたければ個人でお手伝いさんを雇わなければなりませんし、木が伸びてきても勝手に高さを揃えてくれるなんてことはまずないでしょう。
ペンキの塗り直しも、自分で予約し、お金を払わなければなりませんし、何かと維持費にお金がかかってしまうのが現状だと思います。
その点、管理費を払うだけでマンションの管理人さんや役員達が勝手に改善して下さるのはとっても楽で、幸せです。
それぞれ好みはあると思いますが、どんな家に住むにせよ、情報をしっかりと集める大切さは伝わったのではないでしょうか。

Comments are closed.