住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

新築住宅

新築住宅は耐震設計がポイントです。
木造建築の場合には、柱、梁、といった工法による骨組みが特徴です。
柱と柱の組み合わせは、堅固な住居を可能にします。
梁をめぐらすことによって、力学手的な負荷を分散させるので、耐震性を高めてくれます。
木造建築は、軽量鉄骨に比較した場合に、材料の木材そのものが鉄骨に比べて柔軟性があるので、やや耐久度が劣るのではないかと不安になられる方もいるのではないでしょうか。
柔軟な木材だからこその耐久度の高さが、実は木造建築のウリになります。
木造建築のウリとは、地震国家と言われる日本において、長い時代に培われた木造建築に対する経験と知識の蓄積です。
木材の一本一本を、いかに組み合わせていくかで、地震の揺れに対して、強くすることが可能になります。
これは柱の太さや壁の厚さとは違った視点になるので、見た目がとてもスッキリした住居なのに、耐久性が高く建てられている、ということが可能になる理由です。
注意したいのは、耐震性が建物に対してだけではなく、建物のなかに設置する家具の転倒防止や、横滑り防止対策が取られているかです。
木造建築の場合は、作りつけの家具にすると、転倒防止の不安は解消しますので、可能であれば作りつけの本棚やクローゼットがオススメです。
新築住宅には非常に大きなメリットがあると言えるでしょう。
新築住宅のメリットというと、単に新しいと言うだけではありません。
まず住宅に対して何らかの保証が付いている場合が多いでしょう。
また、住宅に設置されたそれぞれの設備に対しても保証が付いている事が多いと思います。
基本的にはすべてに保証が付いていると考えても良いと思います。
ですから、新築住宅を購入すればしばらくは修繕に費用がかかるという事はないと考えられるのです。
もうひとつのメリットとしては新しい基準をクリアしているという事です。
住宅に関する規制は年々厳しくなってきています。
耐震性能などを考えて見ても徐々に厳しくなってきていると言えるでしょう。
新築住宅では最新の基準をクリアして建築されているというメリットがあるのです。
これは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。
中古住宅と比べると非常に大きなメリットだと考えられるのですが、中古住宅にコストパフォーマンスで勝る事はできないでしょう。
しかしながら、中古住宅が勝っているのはコストパフォーマンスだけだとも言えます。
長く済む予定であれば、長い目で見たときにはやはり新築住宅に大きなメリットがあると考えられるのです。

Comments are closed.