住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

新築住宅をディスカウントする

新築住宅を購入するときには提示された価格で購入する事が多いのではないでしょうか。
住宅の価格というのは最初から決まっていて、その価格でしか買えないと考える人もいるようです。
中古住宅ならディスカウントもできそうですが、新築住宅ならディスカウントは不可能だと考える人も多いと思います。
しかしながら、新築住宅であってもディスカウントができないという根拠はどこにもないでしょう。
あらゆるものが需給によって価格が決まる事を考えれば、新築住宅の値下げ交渉をして見る価値はあると思います。
値下げできる新築住宅としては、例えば建売住宅などでできる場合が多いと思います。
建売住宅は同じ場所にまとめて作られる事が多いでしょう。
このような建売住宅のうちの一つが売れ残っている場合には、ディスカウントできる場合も多いようです。
新築住宅というと何となく値引き交渉をしにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。
しかしながら、新築住宅だから値引き交渉に意味がないという事はないと思います。
あまりにもしつこく値引き交渉をするのも良くありませんが、値引き交渉ができないとは限りません。
ですから、ダメ元でも値引き交渉を一度くらいして見る意味はあるでしょう。
新築住宅を選ぶときに注意しておきたい事は騒音についてでしょう。
騒音というのは目に見えないものですから物件情報にも書かれていない事があるのです。
ですから実際にその場にいって見なければ分からない事もあると言えるでしょう。
例えば近くに大きな道路が走っている場合には騒音に注意しておきたいものです。
国道や大きな幹線道路や、あるいは高速道路などがあると夜でもうるさいと思います。
場合によっては眠る事ができないという事も考えられるでしょう。
このような事のないように、大きな道路が近くにある場合には夜の騒音をチェックしておく必要があります。
また、近くに電車の線路がある場合にも注意が必要です。
電車の線路があると始発から終電まで騒音に悩まされる事になるでしょう。
また、踏切がある場合にはさらにうるさいと感じる事があると思います。
踏切の騒音というのは警戒音ですからいつも効いているとストレスに感じる人もいるでしょう。
駅から近いというのは良いのですが、あまりにも駅に近すぎるとこのような事もあると思いますから注意が必要でしょう。
騒音といえば近くに大きな工場などがないかどうかも注意しておきたいものです。
購入する前にできるだけチェックしておいて、後悔しないようにするべきだと思います。

Comments are closed.