住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

新築住宅の条件を考える

新築住宅を購入するときにはいろいろな条件を考えると思います。
例えば駅から徒歩10分以内というように条件を考える事もあるでしょう。
また、間取りについての条件も考える事があると思います。
このような条件をいろいろ考え始めると、非常に多くの条件が出てくると思います。
このように条件は人によって異なると思います。
例えば周辺に大きな商業施設がないと生活できないという人もいれば、コンビニエンスストアがあるほうが良いと考える人もいるでしょう。
新築住宅を購入するときには自分にとって何が必要なのかという条件を考える必要があるのですが、この条件は人によって大きく異なってくるのです。
このような条件を頭の中で漠然と考えているだけではまとまらないと思います。
できる事ならノートなどに書き出して見るのが良いと思います。
ノートに書き出して見る事によってある程度整理する事ができるでしょう。
そして、それらに優先順位をつけておくと良いと思います。
新築住宅を探すときには、すべての条件を満たすものがない場合もあるでしょう。
そのような場合にはどうしてもある程度は妥協しなければならない事もあると思います。
このようなときのために優先順位をつけておくと良いと思います。
新築住宅を購入するときには火災保険に加入する人が多いようです。
火災保険に加入する理由はいくつかあると思います。
例えば新築住宅だから万が一の事を考えて火災保険に加入しておこうと考える人もいるでしょう。
しかしながら多くの場合に住宅ローンが絡んでくる事が多いと思います。
住宅ローンには民間の物と公的な物とがありますが、民間の金融機関の住宅ローンを利用するときには火災保険への加入が義務付けられている事が多いのです。
つまり、火災保険に加入しないと新築住宅を購入する事ができない事が多いと言えるでしょう。
では公的な融資ではどうなのでしょうか。
公的な融資といえば住宅金融支援機構が提供するフラット35などがありますが、現在では火災保険に加入しなければならないという決まりはないようです。
ですから火災保険に加入しなくても新築住宅を購入する事はできると言えるでしょう。
実際にはどうなのかというと、公的な融資を受ける場合でも火災保険に加入する人が多いといわれています。
銀行によっては金利の中に火災保険の費用が含まれているものもあるようです。
ですから、全体的に考えても新築住宅を購入するときに火災保険に加入する人の割合は非常に多いと言えるでしょう。

Comments are closed.