住宅購入の流れとポイント

要点を分かりやすく解説します

不動産を賃貸するときの基礎知識

ご自身のお住まいなどの不動産を賃貸をお考えの方もいらっしゃるでしょう。不動産を賃貸するときの基礎知識についてご紹介します。
まず、お住まいのあたりの相場を調べて、家賃をいくらに設定するのかを決めます。そして、賃貸にする場合、賃料として入ってくる収入と、税金や管理費などの支出の部分を計算して、収支を確認しておきましょう。
入居者を募集するにあたり、不動産会社に依頼する場合は、仲介手数料などがかかってきます。また、入居後の管理をご自身でされるのか、それとも不動産会社に管理業務を委託するのかを決定しましょう。管理業務には、賃料回収、不動産周りの清掃や、入居者からの相談などがあります。これらをご自身で管理できない場合には、不動産会社と契約を結ぶことになります。また、入居者の審査や契約の手続きも仲介業者がすることになります。契約の更新や、退去のあとの清掃やメンテナンス、新しい入居者の募集など、賃貸するための業務は多いです。
また、デメリットも知っておきましょう。空室になった場合、賃料が入りませんから、なるべく早く次の入居者が決まるように、物件そのものの魅力を増すことを心がける必要があります。きちんと清掃しておくということは基本です。
賃貸するためには、リスクや収支を確認し、入居後の管理の仕方もどのようにするのか、きちんと決めておかなければなりません。

注文住宅を川崎でお探しならデックス株式会社へ
オフィスデザインお見積もりは無料、お気軽にご相談ください。オフィスのフロアデザイン・コンサルティングから、物件探しまで、お客様のニーズに合わせて幅広くお手伝い致します。

Comments are closed.